三脚を買ったまま使ってませんか?可変石突を使え。

Velbon可変石突 カメラ/天文

激安のカーボン三脚ARTCISE AS90Cのカスタマイズを行いました。といっても簡単な他社製(ベルボン)の別売り部品を購入・取付しただけなのですが、ものすごく便利なので紹介します。

石突の問題

以前紹介したARTCISEの大型三脚AS90Cは、ゴム足とステンレススパイクを付け替えることができました。あくまで”付け替え”なんですよね。日本製の製品だと安いクラスは付け替えすらできない場合があるので大変ありがたい話なのですが、路面に合わせて付け替えるというのはやはり少し手間です。

【レビュー】大型カーボン三脚(ARTCISE AS90C)
ビクセンのGP赤道儀やSX赤道儀を使っていて、もっと軽いものが欲しい!もっと使いやすい三脚が欲しい!などと考えたことはありませんか? 今回は、望遠鏡架台(赤道儀)用の三脚として、汎用性の高い大型三脚を紹介します。ビクセンのカーボン三脚ASG...

ビクセンのカーボン三脚ASG-CB90はゴム足部分を収納/仕様を簡単に切り替えられられる点がAS90Cに対するメリットでした。ゴム足はフローリングを傷つける心配がないのですが、多少ぐらつきます。なので屋外ではステンレススパイクを使いたいです。また、室内ではゴム足、室外ではスパイクにすることで室内に泥や砂を持ち込むのも軽減できます。

最近の激安系カーボン三脚は石突部分が交換できるようになっているものが多いです。

AS90Cで使える交換用石突

で、色々調べていたらちょうどよいものを見つけました。

ベルボンV800という三脚用のアクセサリーで、ASG-CB90の石突のようにゴム足とスパイクが簡単に切り替えられるタイプの交換用石突です。

中国メーカーの製品はよくも悪くもデファクトスタンダード/売れ筋製品に寄せてくるので、他社のアクセサリが使えることが多いです。(日本製は特殊規格で囲い込む方向に行きがち)。ARTCISEのAS90Cの石突部分(三脚先端)はUNC3/8インチネジになっていて、ベルボン等の三脚でも同様のものが多いらしく、そのアクセサリーが使用可能です。

ベルボンからはV600用とV800用の2種類が販売されています。2024年2月現在、各ECサイトでは欠品や販売終了との表記になっています。一時的なものなのか本当に生産終了なのかはわかりません。欲しい方はお早めに。

ビクセンASG-CB90の石突と同じモノ?

ASG-CB90の石突と比べてみましたがたぶん同じものですねコレ。ASG-CB90のOEM元がベルボンなのか、同じところから部品を買っているだけなのかはわかりません。

ASG-CB90の石突と同じサイズなので、AS90Cにつけてもちょうどよいサイズです。
今回購入したのはベルボンのV800用の石突ですが、一回り小さいV600用もあるようです。
AS90Cに使うならV800用の石突でよいかと思います。

脚径がφ29mm以下の三脚は”V600用”がちょうどよいです。φ36~40mmの三脚は”V800用”を選んだ方がいいです。φ32.5mmだと悩みどころですが、V800用が無難です。

上側の脚がAS90C標準装備の石突で、下側の脚が今回交換したベルボンの石突です。

激安の三脚用アクセサリーとしては割高なのですが、買っておいて損はないです。

個人的にはこれを標準装備にしていただきたいです。

(追記)

1.LEOFOTOからも似たようなものが販売されています。サイズ感はよくわかりません。

Leofoto 三脚アクセサリ 可変スパイク石突 TFV 3個入り 3/8

Leofoto 三脚アクセサリ 可変スパイク石突 TFV 3個入り 3/8

4,280円(04/16 00:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

2.激安三脚には仕様あれこれでいろんな製品があるので一覧にまとめました。

カーボン三脚の選び方
スペック表からカーボン三脚を選ぶポイントを紹介します。

コメント